不動産投資情報「セカンドハウス不動産」トップページ  お問い合わせ  リンク集
CONTENTS

不動産で収益物件

アパートやマンションといった、運営することで利益が得られる物権を収益物件と呼びます。定年退職後の人が年金と合わせて毎月の収入を得たい場合などに収益物件を求めて不動産屋を訪れますが、何の知識もなく収益物件を購入しても宝の持ち腐れとなることは言うまでもありません。このページでは土地活用、収益物件という観点から不動産を利用するポイントについてご説明します。

収益物件

まず土地活用を考えたとき、最初に浮かぶのが収益物件かと思います。仙台で賃貸アパート経営などを行っている方もいるでしょう。
安定した収入が得られるというメリットがあり、経営者の収益や需要の見込みを想定しながら、さまざまなプランを経てることが出来ます。アパートやマンションも一戸建てと同様に、キャッシュ一括払いで購入できるような安い買い物ではないので、基本的にはローンを組んで仙台のアパートやマンションといった収益物件を購入することになります。まず銀行でお金を借りて、毎月の支払いはどの程度のものになるか、収益物件で得られる利益からローンを支払うといった様々なプランがあるので、そのあたりは収益物件を購入し運営する本人が臨むプランにお任せします。

賃貸住宅の経営

アパート・マンションなど賃貸住宅とも呼ばれ収益物件として代表的なものとなっています。これら賃貸住宅の経営は、所有者のプランに応じた規模で幅広い設計が可能となっているので、希望する設計・構造があればまず不動産屋に相談してみましょう。
アパートやマンションを経営するのでしたら、当然より多くの人に入居してもらうことを目的に土地を探す必要があり、その土地の周辺環境や立地条件によって収益の幅が大きく増減することを忘れては行けません。安定した収益が得られるというメリットが収益物件の醍醐味ですが、収益物件を建てる土地によって事情は大きく変わるということを覚えておきましょう。

貸し店舗・ロードサイドビジネス

自ら何か事業を始めたい!という方や、所有ビルの余ったスペースを活用したい!という方は、それぞれに応じた活用方法があります。
しかし、賃貸アパート・マンションの経営に比べて安定した収入が得られないケースもありますので、まず手はじめにその土地の周辺環境(気候・風土など)や立地条件を確認しておきましょう。